特急停車「京成津田沼」駅徒歩8分、JR「津田沼」駅徒歩圏。「サングランデ津田沼」誕生。
新京成タウン八千代緑が丘
上野センターオープン
  • 東京の物件 専門サイトへGO!
  • 新築戸建 専門サイトはこちら
  • マンション 専門サイト クリック
  • 収益物件・事業用物件
  • 公津の杜賃貸物件情報
  • 新築賃貸物件情報
  • 新築賃貸マンションコンフォート八幡
  • 京成パーク
  • 京成上野駅駐車場

住所やマンション名でダイレクトに検索

    無料 京成不動産クラブ 会員登録

    新着情報をメールでお知らせ!

    物件の詳細地図が見られます!

    背景

    ログイン

    • 最終情報更新日:2018年01月22日

【購入編】今の家の売却・新居の購入どっちを先に進めればいいのか?

買い替えをする際にどちらを先にするにしても、資金にゆとりがあれば問題ありません。基本的にはなるべく同時並行で進めていくのが理想的なのですが、どうしてもタイミングと言うものがありますので、ピッタリ同じというわけにはいきません。互いのケースの長短所や注意点を書いておきます。

購入が先に進む場合

購入の売買契約を締結した時点で、手付金等の購入にかかる費用の一部を支払います。そして、契約の数ヶ月後(各々の契約条件によりますが)に決済となり、残代金の支払い、物件の引渡しが行われます。ですから、売却代金を新居購入費に当てる場合には、いつ資金が必要になるかによりますが売却を急ぐ必要が出てくるかと思います。やはり、あせって売却となりますとおのずと買手のペースで交渉が進んでしまいがちです。当初の予定よりも、低い金額で売却しなければならない可能性もあります。 ですが、購入することについては、じっくり新居選びをしたわけですから失敗の可能性は低いでしょう。このケースの一番のリスクは、今の家の売却が思うように進まず、購入代金を捻出できなくなる場合です。こうなりますと、購入の方の売買契約で契約違反ということになってしまいます。ですから、購入の際、売買契約書の内容を十分チェックしておく必要があります。例えば、契約違反の場合のペナルティーは何か。あるいは、今の家が○○万円以上で売れなかった場合には、売買契約を白紙解約できる。というような特約条項を入れてもらうことです。これらの契約内容は、売主さんが納得してくれるかどうかによりますが、仲介に入ってくれる不動産会社に自分の状況をしっかり伝えましょう。 契約書については「契約書のチェック事項」をご覧ください。

売却を先に進める場合

この場合は先ほどと全く逆で、「いつまでにこの家を出なければいけない」という日が決ってしまいます。ですから、それにあわせて入居できる新居を見つける必要が出てきます。売却については、自分の納得できる条件で売却したわけですから資金的に行き詰まることは避けられます。しかし、購入の際に、あせって買い急ぎをしてしまうかもしれません。しばらくは、多少の経費は必要かもしれませんが、仮住まいを借りるくらいの気持ちのゆとりがあった方が良いかもしれません。また、仮住まいについては、今の家を売却する際にリフォームの必要性があることも考えておきますと、リフォーム期間中の仮住まいも必要となるでしょう。どちらを先に進めるにせよ、仮住まいの可能性も考慮に入れておくことをお薦めします。


ページの先頭へ
Copyright (C) 2010 KEISEI REAL ESTATE Co.,Ltd. All Rights Reserved.